商品の成り立ち 初 うい

導き出した、新しい形

創業当時の想いをたどり、ういろの根幹はそのままに、今あるべきかたちを表現しました。
米粉の風味を大切にしたグルテンフリーの生ういろです。
初 ういの画像

初心に帰る
大須ういろの生菓子「初 うい」

時を経て、薄れていた想い。
七十年前、ういろ屋をはじめた初代は、
どんな気持ちだっただろう。
セイロから上がる湯気の中、美味しいういろを作る。
お客様に喜んでもらおうと
ワクワクしていたのではないだろうか。
大須ういろは、初心に帰る。
より米粉にこだわり、米粉の風味を大切に
今日も心を込めて、ワクワクしながらういろを蒸し上げていく。
お客様の笑顔を求めて。

現代の生活を映すういろの提案

お土産として重宝されてきたういろは保存性が重視され、素材に一定の制約が生まれます。 しかし、素材をとことん追求し、ういろの美味しさを存分に堪能していただきたい。
日もちのしない、生ういろだからこそ楽しんでいただける美味しさを、丁寧にお届けしたい。 日本に伝わる年中行事やならわし、季節感を私たちらしく表現し、大切な日本の文化を継承する。
そうした想いを込めて、よりお米の風味にこだわり、より素材を吟味し、食感、味、大きさ、かたち、構成、すべての均衡をとりながら考え抜いた、こだわりのういろです。従来は小麦粉を含んでいた、大須ういろの伝統菓子「ないろ」も、グルテンフリーを実現しました。

1947(昭和22)年頃 大須にて創業

自分の好みと出合う、ういろ体験。
彩りと個性豊かな、五つの箱。

伝統を映し出すういろから、これまでの概念を覆す一品まで。
「ういろを超えたういろ」を目指し、時々の五つの箱をご用意。
個性をたたえた味わいの中から
おひとりおひとりの心に響くういろとの出合いを。

基(もと)の初

    伝統を受け継いできた五色のういろに、
    「きなこ」を加えた、自信作の六種類で構成。
    (白/桜/抹茶/黒/ないろ/きなこ)

折々の初

    和菓子ならではの季節感を大切に、
    四季折々の美味しさを表現。季節の味を一箱に。
    (焼きさつまいも/栗ないろ)

暦の初

    暮らしを彩る年中行事や、
    暮らしに根付く日本の暦とならわしに、
    「初」らしさを添えて表現。
    迎春(白/桜)

創(さう)の初

    長年の味の追求と、職人の経験を一箱に。
    味わいの繊細さと多様性を体感する、
    奥深いういろの世界を提案。
    茶(玄米茶/深蒸し煎茶/玉露/抹茶/濃茶/ほうじ茶 強焙煎)

こどもの初

    目で楽しむ可愛らしい形。
    舌で楽しむ新しい味と素材。
    遊び心溢れる一箱で、童心に。
    あさぎ(きびさとう/ゆず/くろごま/むらさきいも/やめまっちゃ)
    なでしこ(ラズベリー/しお/いちごミルク/チョコレート/メープル)

初 うい

主原材料
砂糖、米粉、桜葉、抹茶、黒糖、小豆、大豆、他。(味により異なります)
消費期限
1日
保存方法
直射日光を避け常温にて保存頂き、冷蔵庫には入れないで下さい。
特定原材料
なし

その他の商品の成り立ち

「ういろ」から「ウイロ」へ。デザインの力で既成概念を変革

ウイロバー

「ウイロバー」は見た目も食べ方も従来のういろとは一線を画すものです。ういろに「デザイン」を取り入れたことで、関心のなかった世代を呼び込む契機になりました。

人気商品を超えるために、さらなるデザイン性を追求

ういろモナカ

個包装した「ういろ」「餡」「最中種」を、お客様の手で挟んで完成させる一品。ヒット商品以上のデザイン性を実現するため試行錯誤を重ね、生まれました。

現代の食生活に合わせた個包装への挑戦

ひと口ういろ

少しずつ多様な味を楽しみたいというニーズに応える、ひと口サイズのういろ。開発の裏には、フィルムが「まっすぐに切れる」までの葛藤がありました。

レトロとモダンの理想的なバランスを実現

棹ういろ

昔からのお客様に親しまれ、若い世代にも響くこと。伝統的な棹タイプの「ういろ」のリニューアルで目指したのは、年代を超えて愛される佇まいです。

職人の手作りによって味の重なりを構築

味いろ

三層仕立ての「味いろ」は、職人の手仕事によって作られる逸品。リニューアルに当たり、若手メンバーが味の再構築に取り組みました。  

時代に合った商品設計を、一体となって粘り強く推進

季節ういろ

四季折々の味覚を提案する「季節ういろ」。発売開始から歳月が経ち、売れ行きが膠着していた要因を見つめ直し、再生を果たしました。